水が怖い子に対する水への親しませ方 ー水泳が出来ない子に水泳学習に進んで取り組ませる方法ー

水が怖い子に対する親しませ方学校教育
親

子どもが水泳ができません。1mも泳ぐことができず、顔をつけるところから練習させているのですが、どうも顔をつけるだけが限界のようです。どのように取り組ませたらよろしいでしょうか。

小松
小松

顔をつけるところまでがんばっているんですね。すごいことですね。ほめてあげてください。水を怖がる人はとても多いのですが、進んで学習に向き合っていることはすごいことですよ。

親

ありがとうございます。でも、やっぱり親心としては、他の子と同じように25mくらいは泳がせたいと思うのですが・・・。

小松
小松

確かにですね。その親心はわかります。ただ、他の子と同じようにというのは子ども達と保護者の方を苦しめるキーワードでもありますので、気をつけましょう。あくまでも子どものペースに合わせて育てるのが子育てですよ。解説しますね。

 

 

今回は、水泳学習が苦手な子に対してどのように学習に参加させれば良いかについて、実践をもとに整理しました。

 

 

体育の学習において、ネックなのが1番運動できない子が楽しいと思えるような学習にすることです。特に水泳は水に泳げない子にとっては辛いものです。

 

 

しかし、実際の学習をみると、そのような子たちを無視して学習が進められたたり、25mをバンバン泳がせようとする身の丈に合わない単元が展開されています。

 

 

最終的に高学年で行き着く先がプールサイドで見学です。

 

 

もっとも最悪なケースの場合、単元の最後に記録会をして全員で全員の泳ぎを見るなんてところもあります。

 

 

苦手な子の目線でみてみると苦痛です。

 

 

プライドが高い子どもたちがそのようなことを進んで行うなんて考えられません。

 

 

そんな子どもが喜んで学習に参加できるようになるための学習をしていきましょう。

 

 

まずはこれまでの固定観念を全て捨てる

 

まずは、泳げなくていいと伝えましょう。私だったら、最初のうちは顔もつけなくていいと伝えます

 

 どうしても、大人達は、

 

「子どもをなんとかして泳がせたい。」

 

「泳げないなんて恥ずかしいこと。」

 

と思って子どもたちの小さい心を追い込んでしまいます。

 

まずはそういう固定観念を全て捨てて、子どもの心を救って下さい。

 

 

まずはそこがスタートです。

 

子どもの実態を把握し、目標を子どもと共有する

 

どうしてプールが苦手になったのか探る必要があります。

 

「呼吸ができないから。」

 

「目が開けられないから。」

 

「みんな泳げるのに、私は泳げないから。」

 

「水着姿が嫌だから。」

 

「虫とかいて汚いから。」

 

事情は様々です。

 

 

最終的なゴールを「誤って水辺に転落したときに、落ち着いて岸まで泳ぎつく力」と設定すると、それ以外のことは排除できます。

 

 

クロールではなく、顔を出した平泳ぎでも良い出すし、水着が恥ずかしいならばラッシュガードを使えば良いのです。

 

 25m完璧に泳ぐ必要もないですし、虫は事前に排除しておけば良いのです。

 

大事なのは、体育という楽しく幸せな時間が変なこだわりでできなくなってしまわないようにすることです。

 

 

こんな話をしていると、

 

「え?先生でも、顔は付けないといけないでしょう?」

 

と子どもは尋ねます。しかし、

 

「そんなことはいらないよ。」

 

と言ってあげると本当に助かったようなほっとした表情をします。やはり、他の子と比べられて、辛いことなのだとわかります。

 

このように実態を把握し、目標を設定することで、子どもの水泳学習をスタートするときの心理的ハードルは大幅に下がります。

 

 

泳げる子は配慮はいらないのです。泳げない子だからこそ、このような配慮が必要です。

 

プールは楽しいと思わせる

 

水遊びは楽しいものです。一方うまくいかないとただ、口と目を塞がれているいわば恐怖体験にしかなりません。

 

 

小松
小松

暗闇で窒息すると分かっている穴に入れと言われたらみんな嫌ですよね。

 

そこで、本当に苦手な子がするための活動を集めてみました。

 

シャワー

 

苦手な子はシャワーを嫌がります。それは、冷たく、顔が濡れて呼吸困難に陥るからです。

 

 

でも、お風呂には入れますので、ぬるめの湯を洗面器でそっとかけてあげてください。

 

 

あくまでもシャワーは衛生的に体を綺麗な状態にするのと、体を水にならすためにあります。

 

水なれ(入水前)

 

次に水なれです。これは、次の順で必ずしてください。温度差で内臓にダメージが来るからです。

 

  1. 足を水に入れる
  2. 太ももに水をかける
  3. 腕に水をかける
  4. 肩に水をかける
  5. 背中に水をかける
  6. お腹に水をかける

 

 

この時、あまりにも嫌がるようでしたらゴーグルをつけたり、タオルを顔につけて水しぶきが顔に当たらないようにすると良いときがあります。

 

水なれ(入水後)

 

 肩までつかる

 口までつかる

 口までつかり、ぶくぶくをする

 鼻までつかる

 目までつかる

 眉までつかる

 頭のてっぺんまでつかる

 数秒つかる

 浮く

 潜ってじゃんけん

 

とある程度ならべましたが、無理です。

 

 

これはあくまでも例で、苦手な子はここまでできません。良くて6の眉まででしょう。

 

 

水慣れは無理する必要はありません。あくまでも、水なれは水に慣れることが目的ですから。

 

 

水に浮くもの集め

 

水に浮くもの集めをします。よく100円ショップに売ってある野菜やアヒルなどが良いです。

 

 

初めは、何もなくても良いですが、徐々に時間制限を設けたり、拾う物を「赤いもの」→「緑のもの」と指定したりと条件をつけてしましょう。

 

 

まずは少ない数から。徐々に増やして楽しませると良いですね。

 

水に沈むもの集め(浅い→深い)

 

水に沈むもの集めをします。自分はよく宝探しと言ったりします。

 

 

ゴムボールや、人形、車、宝箱…。

 

 

いろんなものを沈めて試してみてください。実際目の前で指導する子どもを想像して、ワクワクするものが正解です。

 

 

水中散歩

順番は自由でよいのですが、肩まで水につかった状態で散歩をさせましょう。

 

 

水になれることが目的ですので、コーンを使って行き来させたり、2周くらい回ってもよいですね。

 

 

フラフープを各地点に用意して通らせてみるのも面白かったです。

 

 

 その際、監視の先生にご協力いただくか、重しを使って実践すると良いでしょう。

 

 

ビート板複数枚使用

成功実践として、ビート板を複数枚使用して泳がせたことがあります。

 

 

顔に水がかかるのも嫌な子だったのですが、ビート板を3枚つかったら顔を上げた状態で泳ぐことができるようになりました。

 

 

足が後ろに来るのが嫌がっていたのですが、知らぬ間に自身で足を後ろにして、しまいにはバタ足までしていました。

 

 

新しい教材をチェック

 

 

教材屋さんのカタログを見ていると面白い浮き輪や新しいビート板のようなものがたくさん開発されています。

 

 

 畳2畳ほどのビート板や、浮く体験ができるマット。長い棒のようなものなどです。

 

 

 

毎年新しい教材が開発されていますので、毎回違うのを試してみるのも良いですね。

 

 

学校になければ、学校の先生にお願いをして購入を検討してもらうという方法もあります。

 

 

参考までに内田のリンクを貼っておきます。

 

「商品・サービス」→「カタログ」→「小学校総合カタログ」→「索引」→「体育」

 

 

で検索されてください。

内田システム

 

ここまでくると…

 

ここまでくると欲張ってしまい、

 

「もぐる活動を続けた方が呼吸が…。」

 

「浮く活動をした方が泳ぎに…。」

 

と思ってしまいます。

 

 

でも待って下さい。初めに話したように、まずは大人の考えを全て捨てて下さい。子どもの思考がまずは優先です。

 

「プールが楽しい!」

 

「次のプールはまだかな!」

 

なんて声が出てきたら、自分から泳ぎを試してみる姿がみられます。

 

 

元々子どもたちって泳ぎたいんだと思います。

 

 

まとめます。

 

まとめ

 

・今子どもにさせたいことを全て捨てる。

・水遊びを楽しむところから。

・徐々に親しませて、子どものペースで。
 

 

 

泳げるようになっても人生はあまり変わらないですし、海や池、川に落ちて10m泳いで助かるなんて場面も人生では少ないことでしょう。

 

 

でも、水泳学習を通して劣等感をもってしまったり、完全に水から離れてしまうのには、水難事故が多い日本にいる子どもにとってはリスクになります。

 

 

泳げないのはダメな事ではなく、自然な事。子どもが悪いわけでもなく、大人が悪いわけでもなく、段階を踏めば徐々に答えが出てくるでしょう。

 

 

小松
小松

水泳学習は嫌だという固定観念を捨てさせるところから始めましょう。それでは!

タイトルとURLをコピーしました