Wordで改ページしない方法 指導案・論文を書きやすくする方法とは

Wordで改ページしない方法学校教育

指導案や論文を書くときに、次のような経験はありませんか。

完成間近なのに、最初のところを書き換えてしまったら全体が動いてしまった。

少し文章を変えたら全体を変えなければならないことが面倒くさい

と思ったことはありませんか。ほんの少しの手間なのですが、文章が長ければ長いほど、その処理にいらいらしてしまうことがありますよね。

  

今回は、その対策について解説していきます。

  

私は、この処理を知らずに何千時間を費やしたかわかりません…。

指導案・論文を書き始める前に、「改ページ」設定をする。

「挿入」を開く

指導案を書き始める前に、wordの上のメニューの中の「挿入」をクリックします。

 

すると、「挿入」の選択画面が開かれます。

「ページ区切り」を選択

「ページ区切り」を選択します。すると、新規ページが追加されますが、このページは前のページの開業の影響を受けません。

 

 

完成

 

これで、前のページをいくら改行しても、フォントを変えても後ろのページに影響を与えることはありません。

 

また、変なところでページが終われないので、読んでいる方に読みやすい文書になります。

 

まとめ

今回は少し短いのですが、まとめます。

改ページ設定の仕方
  1. Wordを開く
  2. 「挿入」を開く
  3. 区切りたいところで「ページの区切り」をクリックする
  4. 完成

 

以上です。参考になったら嬉しいです。

 

地味ですが、知っておくか知らないかで大きな差です。バージョンによって使えたり使えなかったりすると思いますので、その際はWebを周回してください。それでは。

タイトルとURLをコピーしました